着任式、始業式、入学式が行われました。(4月8日)

 始業式に先立って行われました着任式では、校長より14名の着任者紹介を行いました。代表して、教頭が「他人の人生や、自分の過去を変えることはできないが、未来は変えられる。感動を大切に努力してほしい」と挨拶しました。
 始業式の校長訓話は、「3年生は、受験で国公立94名合格という結果を出した卒業生に是非続いて欲しい。また、皆さんが着ている制服がこれで最後。先輩たちの想いが詰まった制服であり、プライドを持って着こなし、有終の美を飾ってほしい。2年生は、学校の中心として、勉強、学校行事、部活動に頑張ってほしいし、高校生活の可否は、2年生の過ごし方で決まるといって過言でない。」と在校生に話されました。
 入学式では「桜は冬の寒さが厳しいほど、しっかり花をつけるという、しっかり耐えて卒業する3月に花開くよう頑張って欲しい」と話され、最後に、次の楽天野村監督の言葉を紹介されました。
    
 心が変われば態度が変わる  
 態度が変われば行動が変わる
 行動が変われば習慣が変わる
 習慣が変われば人格が変わる
 人格が変われば運命が変わる
 運命が変われば人生が変わる