教育相談講演会を行いました。(7月5日)

 森 薫 先生をお迎えし、演題「思春期・思秋期を守る家族力とは 〜家族機能の再生をめざして〜」として教育相談研修会が7月5日本校にて行われました。
 
 獲得の時代である「思春期」を生きる子どもたちの応援団でありたいと考えるとき、喪失の時代である「思秋期」を生きる親の世代の応援団である必要がある。その考えを基にして、保護者のみなさん(とくに母親)へのメッセージを語っていただきました。

 講演後の感想では、「もっと聞いていたかった!」「元気をもらった」「今日聞いたことを心において子どもにむかいあいたい」「また聞きたい」などの意見が出ました。親としての自分、自分の子育て、子どもの本当の気持ちを考える良い機会になったとのお言葉もいただき、良い一時間半となったと感じています。

 森先生の文献「子どもを温かくつつみこむ思春期応援メッセージ」は神戸高校の図書館にもあります。
是非読んでみてください。