【報告】 韓国・ピョンジョム高校が来校しました

8月11日(水)、鈴鹿ライオンズクラブの招きで、韓国からピョンジョム高校が来校し、本校生徒と合同の授業を行ないました。一行は李校長先生以下、生徒16名、教員2名の18名。生徒は1年生から3年生まででいずれも第2外国語として日本語を選択している生徒。本校の3年生生徒17名と午前中は英語の授業を、午後からは日本語によるコミュニケーション力向上の授業を行ないました。英語の授業はお互いに外国語として英語を選択しているため、問題演習を行なった後、すべて英語による解説と講義を行ないました。コミュニケーションの授業は聞く・話すだけでなく効果的な受信や発信の仕方、要約や論理的な思考力をつけるトレーニングも取り入れました。昼休みはグループに分かれて買い物を楽しんだり、ボウリングによる交流も行ないました。たった1日だけの交流でしたが、合同で授業を行なうことで、親密度が増し、深い交流につなげられ、お互いにとって有意義なものになったと思います。これをお互いの学校や日韓のさらなる国際交流のきっかけにしたいと思います。なお、この様子は中日新聞、伊勢新聞で掲載されたほか鈴鹿ケーブルネットや「すずかっぴ」(情報誌)でも取り上げられていますので是非ご覧下さい。