【報告】防災講演会を行ないました

本日、全学年対象の「防災講演会」を行ないました。
鈴鹿市役所防災安全課から石坂さん、後藤さんに来ていただき、地震や津波
が起こったときの実際の情報や大切さを歴史や物理学まで駆使してわかりやすく、
情熱的にお話しいただきました。
高校生として、次代に生きるものとして「災害をイメージすること」の大切さや、
メディアで報道されない真実の災害への対処法など、本当に勉強になる講演会でした。
真剣に聞き入っていた生徒たちからは「災害に対する自分の認識の甘さがわかった」
「実際にどこに暮らしているかをきちんとイメージすることが大切だと思った」
など前向きな感想が多数聞かれました。