【報告】SSPロボット講座終了

 
2月5日(日)、SSP(スーパーサイエンスプロジェクト)の一環として「ロボット講座」をおこないました。この講座は1,2年生徒を対象として仮説ー検証ープレゼンという理系生徒に将来絶対に必要となる基礎力を付けることを目標として実施しました。当日はロボット制作とプログラミングを通じて自作のロボットを動かし、その意図や動きの工夫、制作・プログラミングの経緯などをプレゼンするというプログラムで、約20人の生徒たちは充実した1日を過ごしました。この日はチーム分けについても、抽選で学年・クラスを超えた知らない生徒同士がグループを組むことによって、コミュニケーションの大切さを学習するねらいもありました。朝から始まったロボット作りと基礎的なプログラミング、午後からは独自の動きやチームでの工夫を取り入れたプログラミング、さらにそれをプレゼンに持って行くなど、最初はぎこちないコミュニケーションであった生徒たちが、だんだん白熱して体を寄せ合って話し合うなど、わずか1日のなかで生徒たちがどんどん成長していくのを感じました。昼休みは講師として参加していただいた東京大学や慶応大学の大学生たちと受験勉強や学生生活について懇談するなど有意義な1日になったと思います。