【ご報告】Mie-SSH(スーパーサイエンスハイスクール)事業について(その1)

 
本校は、本年度も県教育委員会よりMie-SSH(スーパーサイエンスハイスクール)事業の指定を受けております。本事業の一環として、名古屋工業大学の公開講座に参加しました。少人数のグループに分かれて、各研究室の研究テーマをもとにした題材で講義を受けたり、実験実習を行ないました。多くのスタッフの方がたがサポートしてくださり、ほとんどマンツーマンに近い形で指導を受けることができました。
生命物質工学科では「食べ物に含まれる成分をはかる」というテーマで、
○お茶に含まれるカフェインを液体クロマトグラフィーで定量する。
○原子吸光光度計を用いた食塩中のカルシウムの定量。
を行いました。
電気電子工学科では「この電子材料が21世紀のくらしを支える」というテーマで。
・エネルギーについての講義
・圧電スピーカーを用いた発電機の制作の実験
その後6つのテーマに分かれて実験を行うといった盛りだくさんな内容でした。
機械工学科では2日間にわたって行われました。
「電波レーダーでスピードを測ってみよう」「3D-CADの体験講座」「DigitalでGo メカトロニクスの頭脳を知ろう」「ロボット制御の基礎となるモーター制御を体験してみよう」「光の世界と先端加工技術・計測技術を体験しよう(2日間講座)」「やさしい放射線計測」「飛行のメカニズムを探ろう」「触って、実験して、つくって体験する触覚の世界」「燃焼の計測・特殊撮影、新型エンジン、そして不思議な燃焼器の自作」といった講座に分かれて実験等に取り組みました。

研究室によっては、教官が学生食堂へ連れて行ってくれるなどしていろいろな話ができ、楽しく有意義な日を過ごせました。楽しく、好奇心を大いに刺激された2日間でした。