【ご報告】ピョンジョム高校交流事業第1日目が終了しました。

 
 8月20日(火)、4年目を迎えた韓国ピョンジョム高校交流事業が始まりました。今回は、生徒10名、引率3名、コーディネーター1名の14名の訪問団が、鈴鹿ライオンズクラブのご協力によるバスで予定どおり神戸高校を中部国際空港に向けて出発しました。午後に到着したピョンジョム高校では、盛大な歓迎式典が行われ、両校の生徒代表より挨拶がありました。本校生徒代表は英語で、ピョンジョム高校からはハングル語と日本語でそれぞれ挨拶がありましたが、どちらも幾分緊張気味でした。これからの4日間、授業への参加や校外研修をパートナー生徒とともに行っていく中でどんどん打ち解けていくことと思います。有意義な4日間の研修になればと願っています。