【ご報告】ピョンジョム高校交流事業第2日目が終わりました。

 
 第2日目の午前中は、交流パートナーの生徒とともに授業に参加しました。生徒たちの感想は、「難しかったけどパートナーの生徒に助けてもらったのでよかった」「日本の授業とよく似ていて安心した」など様々な声がありました。教室の後ろに脚が長く椅子のない机が2脚置かれていて興味を引きました。これは、眠気を催した生徒が自ら移動して立ち席で授業を受けるためのものということでした。午後からは、国立中央博物館の見学の後、Nソウルタワーへ行きました。食事などの機会も通して生徒たちは、だんだんと仲良くなり楽しい交流が続きました。