【ご報告】後期開始・生徒会役員交代集会・ピョンジョム高校交流事業が始まりました。

 
台風の影響により定期考査が1日延びたため、10月14日(火)に後期始業式を行いました。また、生徒会役員の前期から後期への交代集会も行われ、前期役員からは前期を振り返って、後期役員からは抱負を一人ひとり述べました。
その後、本年度で5回目になる交流事業のため、韓国ピョンジョム高校の生徒13名と教員2名の15名が本日到着し、歓迎のため訪問団の紹介を行いました。この交流事業は本日(14日)から17日(金)まで行われ、訪問団一行は市内に滞在し、本校生徒との交流や日本文化等を体験していただきます。
訪問団代表の生徒が日本語で挨拶をすれば、本校生徒会長がハングル語で歓迎の挨拶を述べるなど、会場は温かい雰囲気に包まれていました。
放課後、訪問団生徒とそれぞれのパートナーとなる本校生との交流会がありましたが、互いの生徒は日本語、ハングル語、英語を総動員し、電子辞書などを使いながら身振り手振りを交えて一生懸命にコミュニケーションを図っていました。
 金曜日までの限られた時間ですが、この間、授業への参加やクラブ見学のほか、伝統的な日本文化の体験などを通じて交流を深めます。