【ご報告】科学オリンピックに参加いたしました。

 
11月1日(土)、県教育委員会主催の三重県高等学校科学オリンピックが県総合教育センターで行われました。これは、理科・数学・情報の筆記競技と、物理・化学・生物・地学の4領域について、指示された課題をグループで協力しながら作業や実験を通して解決する実技競技の合計得点で競うもので、本校から8名の生徒が参加しました。
公立私立あわせ13校の高校と、オブザーバーとして中学生グループも参加して行われ、最終的には四日市高校が1位、津高校が2位という結果でした。本校の参加生徒も事前準備を重ねて臨みましたが、残念ながら入賞はなりませんでした。全国大会である「科学の甲子園」の県予選を兼ねており、来年度はぜひ入賞を目指して頑張りたいと思います。
また、交流会の中で行われた「科学の面白さ」という演題での三重大学の先生による講話も大変興味深いものでした。参加した生徒たちは「難しかったけれど楽しかったです。とてもよい刺激になりました。」と感想を述べてくれました。
なお、平成28年度には「国際地学オリンピック」が三重県で開催されることもあり、今後も引き続き理数教育の充実に取り組んでいきたいと考えています。