【お知らせ】修学旅行を実施しました。

 
 9月22日(火)〜25日(金)にかけて北海道へ修学旅行に出かけました。
 中部国際空港より新千歳空港まで3便に分かれての出発となりました。
 白老ポロトコタンでは、アイヌ民族の文化や歴史などを学習しました。その後、途中でSAに寄り、美しい有珠山を眺めて宿泊地であるニセコに到着しました。
 2日目は、天候に恵まれたこともあり、羊蹄山や洞爺湖もはっきりと見えました。体験研修を実施し、ラフティング、シーニックライディング、釣り、ジャム・アイス作りやステンドグラス制作を楽しみました。札幌に移動し、夕食はジンギスカン料理を堪能しました。
 3日目は、小樽及び札幌で班別研修を行いました。小樽運河付近でクラス写真撮影後、班別に見学や買い物を楽しみました。札幌では、北海道大学の近くでバスを降り、キャンパスを散策したり、赤れんが庁舎や時計台などの観光スポットを回って研修を行いました。
 最終日は、羊が丘展望台にある「少年よ大志を抱け」の言葉を遺したクラーク博士の銅像の前でクラス写真を撮影した後、ノーザンホースパークで馬に触れ合い、帰途につきました。
 生徒たちは、修学旅行を通して北海道の自然、歴史や文化、アイヌ民族、集団生活などについて様々なことを学んだことと思います。忘れることのできない思い出になったことでしょう。