【ご報告】図書館文化講座を開催しました

7月7日(金)第1回図書館文化講座を本校図書館にて開催しました。講師として鈴鹿の老舗和菓子屋「大徳屋長久」16代目当主の竹口久嗣氏をお招きしました。
この講座は、毎年生徒達の豊かな人間性を育むことを目的として行っており、今回は「和菓子の魅力〜お伊勢さん菓子博2017での商品化と地産地消〜」をテーマとして、本校生徒および教員合わせて約40人が参加しました。
竹口氏は昨年創業300年を昨年迎えた和菓子屋の伝統を守り続けるために、日々商品開発に取り組んでおられ、今回は「お伊勢さん菓子博」で出品し「厚生労働大臣賞」を受賞した「KODAYU〜光太夫」と、地産地消の食材(県産小麦粉・伊勢茶・新姫)を使用した県内高校生とのコラボ商品「SNOW MOUNTAIN」の2種類のお菓子を試食させていただくと同時に、講演を聴かせていただきました。
若い人達にも和菓子の魅力を伝えていけるように、「洋菓子風の和菓子」の開発に力を入れてみえるそうです。四季折々の「上生菓子」をいただくような日本の食文化を私達は次世代へ伝えていかなければならないと考えさせられました。
この文化講座で学んだ成果は、本校文化祭において展示発表する予定です。