【ご報告】山岳部と陸上競技部が鈴鹿市長を訪問しました

7月20日(木)、本年度の全国高等学校総合体育大会(はばたけ世界へ 南東北総体2017)に本校から出場する、山岳部の男女各4名と陸上競技部の女子1名、及び当該部顧問が鈴鹿市長を訪問しました。
生徒一人ひとりがこの大会に出場する意気込みや思いなどを語った後、市長から「自信を持ってそれぞれの競技に臨んでほしい。」「三重県でもインターハイ・国体が近づいているので、これらの大会につながるような活躍をしてほしい。」「暑い時期、体調を管理し、けが等の無いよう注意してほしい。」など、激励の言葉をいただきました。
選手の皆さんが、日頃の練習の成果を発揮し、この大会で素晴らしい活躍ができるよう、学校を挙げて応援しています。なお、全国総体に出場するのは下記の皆さんです。

〈山岳部男子〉
小笹蓮弥(3年) 近田真崇(3年) 佐藤芳樹(2年) 田中伸玖(2年)

〈山岳部女子〉
中根青空(3年) 八太祐実枝(3年) 田辺夏子(2年) 坂本小雪(1年)

〈陸上競技部(女子ハンマー投)〉
伊藤エリカ(3年)