【ご報告】韓国ピョンジョム高校との国際交流を行いました

神戸高校は、鈴鹿ライオンズクラブの支援のもと、生徒の視野を広げ、グローバルな世界に対応できる地域のリーダー育成を目的として、平成22年度から韓国のピョンジョム高校と交流をしています。
年度毎に相互訪問の形をとっており、今年度は、11月7日(火)から10日(金)までの3泊4日の日程で、15名の生徒と、教頭先生、国際教育担当の先生が韓国から来校しました。
滞在中、歓迎レセプション、食事会、授業や部活動への参加、鈴鹿伝統産業会館での伊勢型紙体験、パートナー生徒宅へのホームステイなどで、本校生徒との交流を深めました。
ピョンジョム高校生の何事にも積極的な姿勢に、本校の生徒は良い刺激を受けたようです。なお、交流内容の詳細を神戸高校ホームページ「韓国ピョンジョム高校との国際交流事業」に近日中に掲載いたします。