【ご報告】平成30年度「神高祭」を開催しました

9月6日(木)と7日(金)の2日間にわたり、平成30年度文化祭「神高祭」を開催しました。今年のテーマは『極彩色』〜青春の色濃く鮮やかな瞬間、神高生達は、それぞれの持ち場で、色とりどりに、濃密に、鮮やかに輝きました。
1日目は、新装なった鈴鹿市民会館にて、書道部によるパフォーマンスからスタートし、箏曲部、合唱部、吹奏楽部の発表がありました。昼食休憩の後、演劇部、ESS部の発表、放送部によるクイズ大会、2年生3クラスの発表がありました。各発表とも、勉学の隙間を縫って、この日に向けて準備をしてきた成果が披露され、たくさんの拍手を浴びました。幕間にも、恒例となりつつある漫才のパフォーマンスなどがあり、会場が笑いに包まれました。
2日目は、校内にて、クラス、生徒各委員会、部活動などによる展示や発表が行われました。また、保健委員会の健康展では、鈴鹿医療科学大学や地域の皆様の協力を得て骨密度の測定やリンパマッサージなどを行い、大盛況でした。PTAによるケーキとジュースの販売も行われ、おかげさまで早々と完売しました。
風雨が心配されましたが、まずまずの天候に恵まれ、2日間で保護者、卒業生、地域の方々合わせて、約620名に来校していただきました。どうもありがとうございました。