【ご報告】「鈴鹿学」校外調査で鈴鹿市役所を訪問しました

 
9月4日(水)、総合的な探究の時間「鈴鹿学」の校外調査として、普通科2年の生徒約60人が鈴鹿市役所を訪問しました。
「鈴鹿学」は、私たちがすむ街をよりよくするために、班ごとに課題を設定し、現状を調査して解決策などを1年間かけて探るものです。
この日は、授業の時間帯を活用して鈴鹿市役所を訪問し、各班のテーマを深めるための質問を各課の職員に行いました。生徒の質問に対して、職員のみなさんは補足資料などを交えて回答していただきました。生徒からは、いただいた回答に対してさらに掘り下げた質問をするなどし、職員のみなさんと深いやりとりを行うことができました。