【ご報告】令和元年度「神高祭」を開催しました。

 
9月12日(木)と13日(金)の2日間にわたり、令和元年度文化祭「神高祭」を開催しました。今年のテーマは『百花繚乱』〜青春に咲き誇れ〜。神高生達は、それぞれの持ち場で、色とりどりに咲き乱れ、かけがえのない2日間となったことと思います。
 1日目は、鈴鹿市民会館にて、生徒会の出し物からスタートし、箏曲部、合唱部、吹奏楽部の発表がありました。昼食休憩の後、演劇部の発表、書道部によるパフォーマンス、放送部の公開録音(10/17、10/31にSuzuka Voice FMにて放送予定)、そして、2年生3クラスの発表がありました。各発表とも、勉学の隙間を縫って、この日に向けて準備をしてきた成果が披露され、たくさんの拍手を浴びました。幕間にも、生徒・教員による漫才やパフォーマンスがあり、会場が笑いに包まれました。
 2日目は校内にて、クラス・生徒各委員会・部活動などによる展示や発表・模擬店、PTAによるケーキとジュースの販売などが行われました。お化け屋敷や(人力)コーヒーカップ、大迷路、ジュラシックパークなども登場し、まるで神高が遊園地になったようでした。
今年は9月になっても猛暑日が続き、熱中症も心配されましたが、この両日は秋風が心地よく、文化祭日和になりました。2日間で保護者、卒業生、地域の方々合わせて、約705名に来校していただきました。どうもありがとうございました。